TOKYO DESIGN WEEK 2015

「100人展」出展

毎年秋に東京・青山を舞台に開催するリエイティブの祭典「TOKYO DESIGN WEEK」。今年で30周年を迎えます。
デザイン・アート・ミュージック・ファッション、4つのジャンルから、
企業、ブランド、デザイナー、学校がそれぞれのクリエイティブを発表。
最先端のクリエイティブを体感できるイベントです。

「100人展」は、トッププロにチャレンジの次世代クリエイターの展示です。

「100人展」

 1 ㎡(90cm X 90cm)の限られたスペースに作品を展示する100人展。

世界中から作品を公募。次世代のクリエイティブ業界を担う、クリエイターたちによる作品がここに集結します。プロダクト、インテリア、アート、グラフィック、ファッションなど、ジャンルを問わず幅広い作品を展示します。

qamar 最新作

≪ KIOKU ≫

観賞するジュエリー のシリーズ最新作 ≪KIOKU≫ 。

琥珀をメインストーンとして、幾百ものムーンストーンと淡水パールを配した大振りのラリエット。  マイコン制御された4つのLEDが非同期でゆらぎ、時々刻々と表情が変化します。  あたかも静かにゆらめく蝋燭の炎のように、穏やかに内観する刻を誘います。

Scene1
Scene1
Scene2
Scene2
Scene3
Scene3
Scene4
Scene4
Scene5
Scene5
Scene6
Scene6
Scene7
Scene7
Scene8
Scene8
Scene9
Scene9
Scene10
Scene10

太古の昔から、琥珀というストーンは、

守護石として崇め奉られ、人と密接な関係でした。

 

地球が生まれてからの歴史、ストーンの記憶を

パワーや癒しとして私たちは求めます。

 

ある人は、満たされた自分を包み込むように。
ある人は、満たされない自分を補うように。

 

ジュエリーアクセサリーは、
身に着けること、観ることで、
もう一人の自分と、対話することもできます。

 

自分の内の声という
自分自身もまだ気づかない
感覚、感性から知る自分。

 

感覚、感性とは何なのか?

 

色、形、音、香り、肌触りなど感じ取ることで

感覚を豊かにしてくれます。

 

それは言葉にするには困難なことかもしれません。

 

ひとが本来持っている能力に
改めて意識を向けてみる。

 

うつりゆく光と時間の中で、
ストーンを通して
『 感覚、感性にうったえかけるもの 』。

 

何かのヒントとなり、
感じることから見えてくるものもあると思うのです。