笠原 朋美 Tomomi Kasahara

qamar デザイナー

 

 

   学生の頃から古代エジプトへの想いが深く、

   いつしかアクセサリーでエジプトに関わりたいと思うようになる。

   また、自身が金属に対して敏感肌のため、

   お肌にやさしいアクセサリーを作るようになる。

   天然石・淡水パール・レザーなどから紡ぎだされる作品には、

   やさしさや母性、気品を感じると支持を受けている。

   2010年より、qamar として活動開始。

あなたにとってアクセサリーはどんな存在ですか?

女性がアクセサリーを纏 (まと) うということは、
自分でも気付かなかった魅力を知り
大好きな人に愛されることで
もっと輝いた私で居るためのツール・お守りのひとつ。
qamar は考えます。

 


qamar (カマル)とは、アラビア語で 月 を意味します。

エジプトで見た、アイボリーに輝く月が
忘れられなくて名づけました。
    
太陽に照らされてしっとりと輝く月のような女性でありたい。

おひとりおひとりのお肌に合った素材で、
女性に生まれてきた意味を感じていただきながら。
 
そんな思いを込めたジュエリーアクセサリーを
制作からひとつひとつ、丁寧に、
お手伝いさせていただきます。



qamar 笠原 朋美